2つ仕事をすると税金をたくさん取られると聞いたのですが、本当ですか?

セカンドジョブは税金が高いという都市伝説は有名です。当たり前ですが、そのようなことはありません。税金額は同じ年度内の課税所得の合計に対して計算するので、いくつ仕事をしていようが関係ありません。1つの仕事で50,000ドル稼いでも、4つの仕事で合計50,000ドル稼いでも税金額は同じです。

このような嘘の噂が流れるのには理由があります。同一会計年度内に2つ以上仕事をしている場合、2つ目からは高い源泉徴収率を使わなくてはなりません。それを雇用者に伝え忘れた場合、タックスリターンを申告すると、源泉徴収額が足りなく追加納税になることがあるからです。または、2つ目以上の収入は高い源泉徴収率を使うので、手取り額が減りたくさん税金を払った”気”になるだけです。どちらにしても、2つ目より後の雇用者には高い源泉徴収率を使うように頼むことをお勧めいたします。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。