仕事と私用の両方に使う物も経費として申告できますか?

はい。仕事でも使い、私用でも使う場合は、どれくらいの割合が仕事のための使用のパーセントかを見積もり、そのパーセントで案文することにより経費計上可能です。

このパーセントですが、最近はATOも厳しくなり利用記録、利用日誌などから何かしら説明のつくパーセントでの案文が必要となります。

経費についてはこちらもお読みください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。